弥生の里ホールの使用条件

使用条件

6月1日の利用再開に際し、コロナウィルス感染拡大防止のため利用にあたって下記の条件を設けておりますので、条件をご確認のうえご利用ください。

※ 10月1日利用分より、一部公演内容において利用者数の緩和をします。

1.利用条件

(1)利用者(来場者含む)は県内在住の方に限ります。

(2)会話する際は、可能な限り正面を避けてください。

(3)必ずマスクを着用してください。

(4)施設利用前後の手洗い・手指消毒を徹底してください。(施設内に設置している消毒液をご利用ください。)

(5)貸館開始前、休憩時、終了後デリベントファンを回し空気の循環を行います。

また準備、リハーサル時、本番時は適宜、会場扉を開けて換気を行って下さい。

(6)大声を出したり、激しい呼気となるような運動での利用は不可とします。

(7)安全確保のため以下に該当する者の来館制限を行います。

1.来館前に検温を行い、37.5度以上の発熱があった場合(または平熱比1度超過)。

2.息苦しさ(呼吸困難)・強いだるさや、軽度であっても咳・咽頭痛などの症状がある場合。

3.新型コロナウィルス感染症陽性とされた者との濃厚接触がある場合、過去14日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、地域等への渡航並びに当該在住者と濃厚接触がある場合。

※使用前に体調不良等が理由で使用しない旨の連絡をいただいた場合、使用料を返金致します。

(8)利用の際は、名簿を作成するなど、利用者の把握を行ってください。また、町が名簿の提出を求めた場合は、名簿の提出をお願いします。また、来場者の把握も必要となりますので対応をお願いします。なお、名簿を来館者に記載していただく場合には、筆記用具の取り扱いに十分注意をお願いします。

(9)利用後は備品(机・マイク等)やドアノブ等の消毒を行います。

(10)楽屋の利用は収容人数の半分程度でお願いします。(表1参照)

(11)受付、もぎりには常駐していただき入場者の管理を行ってください。

(12)国の接触確認アプリの活用にご協力をお願いします。

(13)イベント等のチラシの配布や物販等の手渡しの必要となるものは、原則行わないでください。

2.観客席の使用について

国からの指針に従い、観客席の使用について緩和します。公演内容に応じて事前に主催者とホール管理者が、協議を行い、使用数については決定するものとします。

基本的な考え方

クラッシック音楽、ダンス、演劇等で、公演中は定められた席に着席し、一定方向を向いて、相互の会話を行わないものについては、全ての座席を使用できるものとします。ただし、公演内容に関わらず、最前列席は使用しないものとします。

 

3.適用期間

令和2年10月1日(火曜日)から当面の間

弥生の里ホール利用条件(PDFファイル:227.9KB)