令和5年度春季企画展「水と祈りの考古学」

(イメージ)令和5年度春季企画展「水と祈りの考古学」

開催場所・会場
田原本青垣生涯学習センター 2階会議室(特別展示室)
開催日・期間
令和5年4月22日(土曜日)~5月28日(日曜日)午前9時~午後5時まで(入館は午後4時30分まで)※月曜日休館
イベントの種類分野
イベント / 文化・芸術 , 生涯学習
イベントの詳細
内容

 人々の生活にとって、水は欠かすことのできない重要なものです。

 生活に使う井戸の水、稲作に伴う灌漑用水、時には自然の脅威となる河川の水など、水をいかに利用し、制御するかに人々は知恵を絞りました。また、水への感謝と畏怖の思いから、井戸や川に神の存在を見出し、様々な形で水の神に祈りを捧げました。

 発掘調査では、人々が水をいかにして獲得し制御したかを知ることのできる「遺構」、そして水に宿る神に捧げた祈りの痕跡である「遺物」といった情報から、当時の人々と水の関係を探る資料を得ることができます。

 今回の企画展では、考古学を切り口として水に捧げられた人々の祈りの心に迫ります。

関連画像
関連ファイル
観覧料

一般 200円(常設展との共通券 300円)
高校生・大学生 100円(常設展との共通券 150円)
※中学生以下は無料

関連講演会

・日時:4月29日(土・祝)午後1時30分~午後4時

・場所:田原本青垣生涯学習センター2階 研修室

・内容

「人と水のはなし~最近の調査成果から」西岡加奈子(田原本町教育委員会事務局)

「水と祈りの考古学」穂積裕昌氏(三重県埋蔵文化財センター)

・定員:90人(申込不要 先着順 聴講無料)

備考

新型コロナウイルス感染症対策について

入館の際には以下の点にご理解、ご協力をお願いします。

 

・館内では、手指の消毒、他の来館者との距離を保ってください。
・展示ケースには手を触れないようご協力をお願いします。

この記事に関するお問い合わせ先

担当課:唐古・鍵考古学ミュージアム
電話:0744-34-7100