南小学校

2018年6月11日更新

校園名

南小学校風景の写真

田原本町立南小学校

児童数

370人(2018年5月1日現在)

所在地

奈良県磯城郡田原本町千代306番地

校区

 校区は、田原本町の南に位置し、「古事記」の編纂者、太安万侶ゆかりの地である。地区のほぼ中央を南北に近鉄線と国道24号線が並進し、西端には京奈和道(24号線バイパス)が通り、交通の便のよい所である。

 県の施設として、教育研究所、福祉パーク、総合リハビリテーションセンター、心身障がい者福祉センター、高等養護学校等があり、大変教育環境に恵まれた所である。

 古くから農業の盛んな所であるが、近年、宅地化が進み、農地が減少していく傾向にある。最近、特に国道沿いを中心として住宅や大型店舗が増えている。

校区の自治会

 新木、矢部、多、宮森、笠縫、秦楽寺、九品寺、九品寺柿木原、柳町の一部(大字秦庄456は除く)、島の町、八条、南千代、千代公苑

学校の歴史(沿革)

 本校は、昭和36年4月1日磯城郡田原本町立千代小学校と多小学校を統合して誕生し、58年目を迎える歴史と伝統のある学校である。

南小学校の沿革
できごと
昭和40年 奈良県健康優良校として表彰を受ける。
昭和43年 太安万侶顕彰碑の建立。
昭和46年 第1回田原本町少年野球大会で優勝する。
昭和51年 中庭に「すいこう園」が完成する。
平成2年 PTA親子プールが開催される。
平成4年 中庭に「ふれあい広場」が造園される。
平成5年 藤棚の下に「野外教室」が作られる。
平成11年 運動場に「ジャングルジム」が作られる。
平成17年 第27回近畿道徳教育研究大会奈良大会の会場校となる。
平成21年 運動場の芝生化事業に参加する。
平成22年 創立50周年事業を行う。「朝原宣治氏と一緒にからだを動かそう」に参加。
平成23年 学校図書館にエアコンが完備される。
平成24年 南館耐震補強工事完了。西門が新設される。
平成25年 南館東壁が改修される。
平成26年 北館耐震補強工事完了。第53回奈良県小学校特別活動研究大会の会場校となる
平成27年 コンピューター室のパソコンを入れ替える。
平成28年 北館1階教室の床をはりかえる。
平成29年 北館2階教室の床をはりかえる。

教育目標(方針)

本校教育目標

 「たくましく 自ら学ぶ 心豊かな児童の育成」

めざす児童像

  • 自ら考え実行する子
  • 根気よくやりぬく子
  • 力を合わせて進んで取り組む子

めざす学校像

  1. みんなでつくる学校
    児童・教職員はもちろんのこと、保護者や地域にも「我らが学校」意識を育て、 一体となって教育目標の具現化に努める。
  2. 規律ある楽しい学校
    落ち着きと規律があり、いじめや差別を許さず、学ぶ楽しさとわかる喜びを 味わわせる授業を通して、自己実現を図ることのできる楽しい学校づくりに努める。
  3. 豊かで潤いのある学校
    児童・教職員のすべてが自主的に活動し、お互いの人間形成に 意欲的に取り組むことができる、豊かで、温かく、潤いのある学校づくりに努める。

特色ある学校活動等

異学年集団の活動(ジュニアーズ班活動)

 1年生から6年生の縦割り班をつくり、リーダーシップやいたわりの心を育て、 お互いを思いやる集団づくりを目指して、日々取り組んでいる。

読書活動

 読書習慣を育成し、豊かな感性や表現力、創造力を養うとともに、 落ち着いて行動できる児童を育成する。

  • 週2回、朝の読書タイムの実施
  • 田原本おはなし会より、おはなし配達を受けている。
  • 群読発表会を年3回実施している。
この記事に関するお問い合わせ先
担当課:教育総務課学校教育係
電話:0744-34-2074