法楽寺

 法楽寺は、由緒書によれば、孝霊天皇黒田廬戸宮跡に建立され、聖徳太子開基にかかるものとされる。承元元年(1207年)、伽藍坊舎は残らず焼失したが、貞応元年(1222年)に再建がなされた。

 長禄三年(1459年)八月の墨書銘をもつ板絵には、盛時の法楽寺の伽藍坊院が描かれている。室町時代の盛期には堂宇25を数えたが、兵火で焼けて現在残るのは1坊のみである。 本尊は子安地蔵菩薩立像。僧形地蔵菩薩坐像(室町時代後期)などの古い仏像も所蔵する。

名称

法楽寺

所在地

奈良県磯城郡田原本町大字黒田字寺垣内

交通

近鉄田原本線黒田駅下車 徒歩5分

この記事に関するお問い合わせ先
担当課:観光・まちづくり推進課商工観光係
電話:0744-34-2080