母子健康手帳の交付

2017年4月24日更新

母子健康手帳は、妊娠中から成長発達の大切な記録となります。
また、育児参考書としてもご利用いただけます。
親子ともに心とからだの健康が守られるように、医療機関などで妊娠の診断を受けたらできるだけ早く、母子健康手帳の交付を受けてください。

母子健康手帳の交付について

交付場所

子育て世代包括支援センター(こども未来課子育て相談係)

交付日時

月曜日~金曜日(土曜日・日曜日、祝日は休み)
午前8時30分~午後5時15分

持ち物

  • 個人番号カード<ない場合は「通知カード」と身元確認書類(運転免許証・パスポートなど)>
  • 印鑑

平成28年1月以降、妊娠届出書に個人番号(マイナンバー)の記入と本人確認が必要となります。詳しい手続きなどについては、子育て世代包括支援センター(こども未来課子育て相談係)までお問い合わせください。

交付のときに妊婦健康診査費用の補助券(14回分)をお渡しします。また、健診を受けるときには、母子健康手帳も忘れずにお持ちください。

妊婦健康診査の費用の補助について

妊婦健診に使える14回分の補助券をお渡しします。
1人1回の妊娠につき97,500円を上限に補助が受けられるものです。

妊娠判定受診料の補助事業について

非課税世帯、生活保護世帯を対象とした妊娠判定のための受診料の補助制度を実施しています。
これは、非課税世帯、生活保護世帯の女性が産科の医療機関を受診して妊娠判定を受ける場合に、

  1. 受ける時に使える受診券を交付します。(既に受診された場合は、かかった費用の一部又は全部を還付(払い戻し)します。)
  2. 妊娠判定の結果、妊娠の有無には関係なく、検査に要した費用に補助が受けられます(ただし、市販の妊娠検査薬等のご使用については、対象となりません。)

いずれの場合も子育て世代包括支援センター(こども未来課子育て相談係)に申請が必要です。

詳しい手続きなどについては、子育て世代包括支援センター(こども未来課子育て相談係)までお問い合わせください。

この記事に関するお問い合わせ先

担当課:こども未来課子育て相談係
電話:0744-33-9035