風しんに感染する人が増えています!

風しんに感染する人が増えています!

現在、例年と比較し、関東地方で風しんに感染する人が大幅に増えています。今後、全国的に感染が拡大する可能性がありますので、注意が必要です。

 

妊婦は特に注意が必要です

妊娠前半期(妊娠20週頃まで)の妊婦が風しんにかかると眼や心臓、耳などに障がいをもつ「先天性風しん症候群」の赤ちゃんが生まれる可能性があります。

妊婦への感染を予防するために、特に以下の人は風しんの予防接種(任意接種)を検討しましょう。

1.妊婦の夫、子ども及びその他の同居家族

2.10代後半から40代の女性(特に妊娠希望者または妊娠する可能性の高い人)

※ただし、1.2.のうち、明らかに風しんにかかったことがある、風しんの予防接種を受けたことがある又は風しんに対する抗体が陽性であると確認ができている人を除きます。

 

30代から50代の男性も注意が必要です

30代から50代の男性で風しんにかかる人が増えています。30代から50代の男性のうち、風しんの抗体価が低い人が2割程度存在することが分かっています。明らかに風しんにかかったことがある、風しんの予防接種を受けたことがある又は風しんに対する抗体が陽性であると確認できている人を除いた人は風しんの予防接種(任意接種)を検討しましょう。

 

風しん抗体検査を無料で実施しています

奈良県では、風しんの予防接種を受けたかどうか不明な方で、これから妊娠を希望される方やその配偶者を対象に「風しん抗体検査」を無料で実施しています。

 

申込方法や対象者などについては、「風しん抗体検査について」(奈良県公式ホームページ)をご覧ください

申込期限

平成31年1月31日

問い合わせ先

奈良県福祉医療部医療政策局疾病対策課

電話0742-27-8612

この記事に関するお問い合わせ先

担当課:健康福祉課保健センター
電話:0744-33-8000