住民カードの申請

2014年6月27日更新

このカードに暗証番号を登録することで、休日や夜間でも、自動交付機を利用して住民票、印鑑登録証明書を発行することができます。

また、住民保険課戸籍住民相談係窓口での印鑑登録証明書の発行にも必要です。

田原本町活性化プロジェクトチラシ

現在、田原本町が発行している住民カードです。

e-Taxなどを利用される人や本人確認書類として発行する住民基本台帳カードとは、別のカードとなります。

住民カードの申請

住民カードを作れる人

15歳以上で、田原本町の住民基本台帳に記載されている人。
ただし、未成年の場合は法定代理人の同意書が必要です。

15歳未満、成年被後見人は作ることができません。

住民カードの申請

申請場所

住民保険課戸籍住民相談係

受付時間

午前8時30分〜午後5時15分
土・日曜日、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)を除く。

申請方法・必要なもの

  • 住民票・印鑑登録証明書の発行に使用する住民カード
印鑑登録をしていない場合一覧
手続きに来る人 必要なもの 申請方法
本人
  1. 登録しようとする印鑑
    ・詳しくは下記リンク先をご覧ください
  2. 本人であることが確認できるもので次のいずれか1つ
  • 運転免許証、パスポート、特別永住者証明書、在留カードなど(官公署発行の有効期限内の写真付身分証明書)
  • 町内で印鑑登録をしている人が保証人として、印鑑登録申請書及び住民カード交付申請書(住民保険課戸籍住民相談係窓口にあります)の裏面に自書し、登録印を押印した保証書
住民保険課戸籍住民相談係窓口で、印鑑登録申請書と住民カード交付申請書に必要事項を記入して申請してください。
左記2)の本人確認ができるものがない場合、本人宛に照会書を郵送します。
照会書が届きましたら、同封の回答書に、本人が必要事項を記入、押印し、登録印と本人確認書類(健康保険証、年金手帳など)を併せて住民保険課戸籍住民相談係窓口へ持参してください。
回答期限は1ヵ月です。期限が経過すると無効になり、再度申請していただくことになりますのでご注意ください。
代理人
  1. 登録しようとする印鑑
    詳しくは下記リンク先をご覧ください
  2. 代理人の認め印
  3. 委任状
    (登録しようとする印鑑を押印したもの)
住民保険課戸籍住民相談係窓口で、印鑑登録申請書と住民カード交付申請書に必要事項を記入して申請してください。
受付後、本人宛に照会書を郵送します。
照会書が届きましたら、同封の回答書に、本人が必要事項を記入、押印し、登録印と本人確認書類(健康保険証、年金手帳など)を併せて住民保険課戸籍住民相談係窓口へ持参してください。
本人が来庁できないときは、上記書類に加えて、照会書に同封の委任状、代理人の本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)を代理人が持参してください。
回答期限は1ヵ月です。期限が経過すると無効になり、再度申請していただくことになりますのでご注意ください。
印鑑登録をしている場合(印鑑登録証から住民カードへの切換)
本人
  1. 印鑑登録証
  2. 認印
  3. 本人であることが確認できるもので次のいずれか1つ
  • 運転免許証、パスポート、特別永住者証明書、在留カードなど(官公署発行の有効期限内の写真付身分証明書)
  • 町内で印鑑登録をしている人が保証人として、住民カード交付申請書(住民保険課戸籍住民相談係窓口にあります)の裏面に自書し、登録印を押印した保証書
住民保険課戸籍住民相談係窓口で、住民カード交付申請書に必要事項を記入して申請してください。
左記3)の本人確認ができるものがない場合、本人宛に照会書を郵送します。
照会書が届きましたら、同封の回答書に、本人が必要事項を記入、押印し、認印と本人確認書類(健康保険証、年金手帳など)を併せて住民保険課戸籍住民相談係窓口へ持参してください。
回答期限は1ヵ月です。期限が経過すると無効になり、再度申請していただくことになりますのでご注意ください。
代理人
  1. 本人の印鑑登録証
  2. 代理人の認印
  3. 委任状
住民保険課戸籍住民相談係窓口で、住民カード交付申請書に必要事項を記入して申請してください。 受付後、本人宛に照会書を郵送します。
照会書が届きましたら、同封の回答書に、本人が必要事項を記入、押印し、認印と本人確認書類(健康保険証、年金手帳など)を併せて住民保険課戸籍住民相談係窓口へ持参してください。
本人が来庁できないときは、上記書類に加えて、照会書に同封の委任状、代理人の本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)を代理人が持参してください。
回答期限は1ヵ月です。期限が経過すると無効になり、再度申請していただくことになりますのでご注意ください。
  • 住民票の発行にのみ使う住民カード

印鑑登録をしなくても、住民票用の住民カードを作ることができます。

住民カードは1人1枚の作成です。後日、印鑑登録をされる時は、住民カードを持参してください。

住民票の発行にのみ使う住民カードを作成する場合
手続きに来る人 必要なもの 申請方法
本人
  1. 認印
  2. 本人であることが確認できるもので次のいずれか1つ
  • 運転免許証、パスポート、特別永住者証明書、在留カードなど(官公署発行の有効期限内の写真付身分証明書)
  • 町内で印鑑登録をしている人が保証人として、住民カード交付申請書(住民保険課戸籍住民相談係窓口にあります)の裏面に自書し、登録印を押印した保証書
住民保険課戸籍住民相談係窓口で、住民カード交付申請書に必要事項を記入して申請してください。
左記2)の本人確認ができるものがない場合、本人宛に照会書を郵送します。
照会書が届きましたら、同封の回答書に本人が必要事項を記入、押印し、認印と本人確認書類(健康保険証、年金手帳など)を併せて住民保険課戸籍住民相談係窓口へ持参してください。
回答期限は1ヵ月です。期限が経過すると無効になり、再度申請していただくことになりますのでご注意ください。
代理人
  1. 代理人の認め印
  2. 委任状
住民保険課戸籍住民相談係窓口で、住民カード交付申請書に必要事項を記入して申請してください。
受付後、本人宛に照会書を郵送します。 照会書が届きましたら、同封の回答書に、本人が必要事項を記入、押印し、認印と本人確認書類(健康保険証、年金手帳など)を併せて住民保険課戸籍住民相談係窓口へ持参してください。
本人が来庁できないときは、上記書類に加えて、照会書に同封の委任状、代理人の本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)を代理人が持参してください。
回答期限は1ヵ月です。期限が経過すると無効になり、再度申請していただくことになりますのでご注意ください。
この記事に関するお問い合わせ先
担当課:住民保険課戸籍住民相談係
電話:0744-34-2087