通知カードとは

令和2年5月25日更新

通知カードの廃止について

通知カードは、令和2年5月25日に廃止されました。廃止後は、通知カードの取り扱いが変わっていますのでご注意ください。なお、廃止後も個人番号(マイナンバー)に変更はありません。

通知カードとは

12桁の個人番号(マイナンバー)をお知らせする紙製のカードで、平成27年10月以降、住民票を有する全ての住民に対し、簡易書留によって郵送されたものです。

通知カードの表面には、氏名、住所、生年月日、性別、個人番号(マイナンバー)、旧氏(併記されている方のみ)、通称(外国人住民のみ)が記載されてます。

顔写真は記載されていません。

詳しくはこちらをご覧ください。(総務省HP)

 

住基カード

表面

住基カード

裏面

廃止後の取り扱い

現在お持ちの通知カードは、住民票に記載されている氏名・住所などの記載事項と全て一致している場合は、ご自身の個人番号(マイナンバー)を証明する書類として使用することができます。

令和2年5月25日以降、氏名・住所などの記載事項の変更や再交付はできません。

 

出生等で新たに個人番号(マイナンバー)が付番された方への通知は、個人番号通知書により行われます。

この個人番号通知書は、個人番号(マイナンバー)を証明する書類として使用できません。

個人番号(マイナンバー)を証明する書類

マイナンバーに関するお問い合わせ

内閣官房のマイナンバー制度ホームページによくある質問や最新情報を掲載しています。

マイナンバーバナー

マイナンバー総合フリーダイヤル

内閣官房に「マイナンバー総合フリーダイヤル」が開設されています。「通知カード」「マイナンバーカード(個人番号カード)」に関することや、その他マイナンバー制度に関するお問い合わせにお答えします。
音声ガイダンスに従って、お聞きになりたい情報のメニューを選択してください。
「マイナンバーカード(個人番号カード)」の紛失・盗難によるカードの一時利用停止については、24時間365日対応します。

電話番号

0120-95-0178(無料)

一部IP電話などで上記ダイヤルにつながらない場合(有料)

  • マイナンバー制度に関すること
     050-3816-9405
  • 「通知カード」「マイナンバーカード(個人番号カード)」または「紛失・盗難によるマイナンバーカードの一時利用停止」に関すること
     050-3818-1250

外国語(英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語)対応のフリーダイヤル

  • マイナンバー制度に関すること
     0120-0178-26
  • 「通知カード」「マイナンバーカード(個人番号カード)」または「紛失・盗難によるマイナンバーカードの一時利用停止」に関すること
     0120-0178-27

開設時間

平日=午前9時30分〜午後5時30分
(土曜日・日曜日、祝日、年末年始〈12月29日〜1月3日〉を除く)

英語以外の言語については、平日午前9時30分から午後8時まで、土曜日・日曜日、祝日午前9時30分から午後5時30分までの対応となります。

マイナンバーコールセンター

電話番号

0570-20-0178

一部IP電話など上記ダイヤルにつながらない場合は、050-3816-9405におかけください。
外国語(英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語)は0570-20-0291
全国共通ナビダイヤルで通話料がかかります。

開設時間

平日=午前9時30分〜午後10時
土曜日・日曜日、祝日=午前9時30分〜午後5時30分(年末年始〈12月29日〜1月3日〉を除く)

英語以外の言語については、平日午前9時30分から午後8時、土曜日・日曜日、祝日午前9時30分から午後5時30分までの対応となります。

個人番号カードコールセンター

電話番号

0570-783-578

一部IP電話など上記ダイヤルにつながらない場合は、050-3818-1250におかけください。
全国共通ナビダイヤルで通話料がかかります。

開設時間

平日=午前8時30分〜午後10時
土曜日・日曜日、祝日=午前9時30分〜午後5時30分(年末年始〈12月29日〜1月3日〉を除く)

この記事に関するお問い合わせ先
担当課:住民保険課戸籍住民相談係
電話:0744-34-2087