介護サービスの内容

2015年8月24日更新

イラスト15

要介護状態に応じて介護サービスが受けられる介護保険の対象となる介護サービスは、「在宅サービス」と「施設サービス」に分けられます。

在宅サービス

1.訪問介護(ホームヘルプ)

ホームヘルパーが家庭を訪問して、身体の介護、食事、洗濯などの日常生活の世話をします。

訪問入浴

浴槽を積んだ入浴車が家庭を訪問して、入浴介護をします。

訪問看護

在宅で寝たきりの高齢者が病気やケガなどで医学的治療が必要になった場合、看護師などが家庭を訪問して看護します。

訪問リハビリテーション

理学療法士や作業療法士などが家庭を訪問して日常動作訓練をします。

通所リハビリテーション(デイケア)

送迎バスで、介護老人保健施設や病院、診療所へ送迎し、心身機能の回復訓練や日常動作訓練などを行います。

居宅療養管理指導

かかりつけの医師や歯科医師、薬剤師などが家庭を訪問して療養の管理や指導をします。

通所介護(デイサービス)

送迎バスで、デイサービスセンターなどへ送迎し、入浴や食事の提供、健康チェック、日常動作訓練などを行います。

短期入所生活介護(ショートステイ)

家族が冠婚葬祭や旅行、病気などで、一時的に自宅での介護ができないときに、介護老人福祉施設などが短期間介護します。

短期入所療養介護(医療型ショートステイ)

老人保健施設などに短期間入所し、日常動作訓練、必要な医療、日常生活の世話を受けます。

認知症対応型共同生活介護(グループホーム)

認知症の高齢者が共同で生活できる場(住居)で食事、入浴などの介護や機能訓練が受けられます。

要支援1の人は受けられません。

特定施設入所者生活介護

有料老人ホームなどで食事、入浴などの介護や機能訓練などが受けられます。

福祉用具の貸与・購入費の支給

特殊寝台、移動用リフト、車イスなどの貸し出しや、入浴補助用具などの特定福祉用具購入費を支給します。

住宅改修費の支給

廊下や便所、浴室などの手すりの取り付けや、段差解消のための改修費用を支給します。

事前の申請が必要です

施設サービス

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)

常に介護が必要で在宅では介護が困難な人が特別養護老人ホームへ入所し、日常生活 の世話や日常動作訓練、健康管理などを受けることができます。

新規入所は、原則として要介護3〜5の人が対象です。

介護老人保健施設(老人保健施設)

病状が安定し入院治療の必要がない人が入所し、日常動作訓練や看護などを受けるこ とができます。

介護療養型医療施設(療養病床など)

長期療養が必要な人が介護体制の整った病院などへ入院し、療養上の管理、看護、介護、日常動作訓練などを受けることができます。

この記事に関するお問い合わせ先
担当課:長寿介護課介護保険サービス係
電話:0744-34-2101