就園奨励費制度(私立幼稚園)

2018年6月27日更新

幼稚園就園奨励費補助(私立幼稚園)

※平成30年4月1日現在(年度により内容を変更することがあります)

趣旨

 田原本町では、田原本町内に住所を有し、満3歳児から5歳児のお子さんを私立幼稚園に就園させておられるご家庭(一部除く。下表参照)を対象として、補助金を交付する措置を講じています。

就園奨励費の補助額(補助対象となるのは、入園料・保育料の合計額です。下表の範囲内で補助を行います)

就園奨励費の補助額一覧表
階層区分 【年額】第1子 【年額】第2子 【年額】第3子以降
生活保護法の規定による保護を受けている世帯(第1階層) 261,800円 261,800円 261,800円
市町村民税が非課税となる世帯(第2階層) 231,200円 261,800円 261,800円
市町村民税の所得割が非課税となる世帯(第2階層) 231,200円 261,800円 261,800円
市町村民税の所得割課税額が77,101円未満となる世帯(第3階層) 159,100円 209,900円 261,800円
市町村民税の所得割課税額が77,101円以上211,201円未満となる世帯(第4階層) 52,800円 157,200円 261,800円
上記区分以外の世帯 0円 130,900円 261,800円

※第1子、第2子、第3子以降の数え方

  • 第3階層以下の世帯…保護者と生計を一にする子どものうち、年齢の高い者から第1子、第2子、第3子以降
  • 第4階層以上の世帯…同一世帯で小学校または幼稚園などに在籍している小学校3年生までの子どものうち、年齢の高い者から第1子、第2子、第3子以降

ひとり親世帯、在宅障がい児(者)のいる世帯などで第2階層、第3階層に該当する場合は、下記の補助金額となります。

ひとり親世帯、在宅障がい児(者)のいる世帯の補助金額一覧表
階層区分 【年額】第1子 【年額】第2子 【年額】第3子以降
市町村民税が非課税となる世帯(第2階層) 261,800円 261,800円 261,800円
市町村民税の所得割が非課税となる世帯(第2階層) 261,800円 261,800円 261,800円
市町村民税の所得割課税額が77,101円未満となる世帯(第3階層) 231,200円 261,800円 261,800円
  • 課税状況は世帯単位で確認します。
  • 表中の市町村民税の所得割課税額とは、平成30年度に納入する市町村民税(所得割・均等割)のうち所得割課税額(住宅借入金等特別税額等控除前の額)をいいます。
  • 年度途中で転入及び途中転出された場合、田原本町に住所があり、かつ幼稚園に在籍されていた期間に応じて補助額を月割します。
  • 満3歳児クラス在籍のお子さんの補助対象期間は、3歳の誕生日が属する月以降です。
  • 子ども・子育て支援法に基づく1号認定を受けて認定こども園等に通園している場合は補助対象外です。
  • 町から支給する補助額は、保護者が実際に負担される年間の保育料を超えません。
    例)補助金額(年額)で「231,200円(市町村民税非課税・第1子)」に該当し、年間保育料が 「@10,000×12ヶ月=120,000−13,000(私立幼稚園連合会からの補助)=107,000円」の場合、町から支給する補助額は「107,000円」です。

手続き

  • 補助金の受給を希望される人は、在籍する幼稚園に申請書を提出してください。
  • 申請書は、各幼稚園またはこども未来課の窓口にあります。
  • 平成30年1月2日以降に本町へ転入された人については、前の住所地の市町村で世帯全員の課税(非課税)証明書を取得し、申請書に添付して提出してください。
この記事に関するお問い合わせ先

担当課:こども未来課こども支援係

電話:0744-33-9036