子どもが急病の場合

2010年4月2日更新

子どもが夜中や休日に発熱やけいれんなどの症状がでた場合、受診したほうがよいかどうか迷うものです。そんな時の参考にご利用ください。

こどもの救急 (社団法人日本小児科学会)

症状に応じた対処の仕方、判断の目安となる情報を提供

奈良県広域災害・救急医療情報システム

奈良県内の病院・診療所・小児救急に関する情報を提供

こども救急電話相談

急な発熱など子どもの急病時に受診した方が良いのか、様子をみても大丈夫なのか、看護師(必要に応じて小児科医)が電話でアドバイスします。

電話番号

#8000 (プッシュ回線、携帯電話)
0742-20-8119 (ダイヤル回線・IP電話)

相談日時

平日:午後6時~午前8時
土曜日:午後1時~午前8時
日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日):午前8時~午前8時

対象者

15歳未満の子ども

財団法人日本中毒情報センター

誤って異物を飲み込んでしまった場合の対処の仕方、判断の目安となる情報を提供

お子さんの体調がおかしいな、と思ったら、早めにかかりつけ医に診てもらうようにしましょう。

この記事に関するお問い合わせ先

担当課:健康福祉課保健センター
電話:0744-33-8000