令和2年度の取り組み

2020年4月8日更新

まちの将来像~子どもから高齢者まで 誰もがいきいきとした 暮らしを楽しむまち たわらもと~

子育ての願いをかなえるまちづくり

田原本町で若い世代が安心して、結婚・妊娠・出産・子育てができる環境の充実を図り、次代を担う子どもたちの笑顔があふれるまちを目指します。

令和2年度の主な取り組み

GIGAスクール構想導入事業

教育ICT環境の実現に向け、高速大容量の校内通信ネットワークを構築するほか、小・中学校の児童・生徒にパソコンを1人1台配置するため、計画的に購入を進めます。

北幼稚園耐震補強等事業

園児の安全確保のため、北幼稚園園舎の耐震補強等工事を行います。これにより、今年度ですべての幼稚園の耐震化が完了します。

小・中学校トイレ洋式化改修事業

児童・生徒が快適にトイレを使用できるよう、小・中学校の和式トイレを洋式トイレに改修します。

放課後子ども教室の開催

従来からの放課後子ども教室に加え、今年度から、新たに学習支援教室を開催することにより子どもの基礎学力の向上、学習習慣の確立を図ります。

民間スイミングスクール活用事業

学校プールの老朽化や 児童・園児の安全確保のため、東幼稚園園児・東小学校児童を対象に、民間スイミングスクールを活用して水泳授業モデル事業として実施します。

健康で安心な暮らしを支えるまちづくり

田原本町で暮らす住民の一人ひとりがいつまでも健康でいきいきと、また地域で活躍し続けられるよう共助の仕組みや、保険・医療・支援の強化と充実を目指します。

令和2年度の主な取り組み

ヘルスケアプロジェクト事業

従来の健康ポイント事業を、産官学連携のもとICT化や利用者の範囲を拡大するとともに、健康ポイントプログラム、運動教室プログラムなどの事業により、全世代活躍のまちの実現を目指します。

地域支援事業(高齢者施策)

高齢者が要介護・要支援になることの予防とともに、要介護状態となった場合でも可能な限り地域で自立した日常生活を送れるよう支援します。

後期高齢者人間ドック・脳ドック助成事業

後期高齢者の被保険者が人間ドック・脳ドックを受診した場合、受診費用の一部を助成します。

歯周病検診(個別検診)

良好な口腔環境を維持し、歯の健康寿命を延ばすことを目的に、従来の集団検診に加え、40歳、50歳到達者への個別検診を実施します。

潤いや喜びを与える学びとスポーツのまちづくり

田原本町の歴史文化資源の保存と活用の促進並びに学びとスポーツの機会を拡大させ、住民一人ひとりが生きがいを持ちつつ互いに支え合う地域を目指します。

令和2年度の主な取り組み

社会体育振興事業

各種大会、教室を開催するほか、東京2020オリンピック・パラリンピックで本町がホストタウンとなるグアテマラ共和国との事後交流事業を行います。

生涯学習事業

公民館学習や高齢者クラブ、文化祭の開催、弥生の里ホール自主公演などを行います。

体育施設管理事業

中央体育館の屋外トイレや正面玄関のスロープの改修を行います。また、会議室をトレーニングルームに改修し、災害時には避難所として活用できるよう整備します。

図書館利用促進事業

普段とは違うにぎやかな「図書館わいわいタイム」や、蔵書点検期間の短縮、DVDの貸し出しなどにより更なる利用を促進します。また、代表作「少年アシベ」で知られる奈良県出身の漫画家・森下裕美さんの展示会などを実施します。

安全で快適な暮らしを支えるまちづくり

田原本町に息づく豊かな自然や奥深い歴史文化を感じられる快適な住環境の確保と共に、災害に強く犯罪や交通事故のない安心安全な町を目指します。

令和2年度の主な取り組み

一般下水路事業

町内の浸水被害地域の解消改善に向け雨水調整池の整備を行うほか、河川などの水位をリアルタイムで観測し注意喚起のメールを自動配信するプッシュ型の水位計を設置します。

道路新設改良事業

国道24号や主要県道などの広域道路ネットワークに連携した機能的な道路の整備を行います。

道路橋梁建設事業

老朽化対策として、橋梁の点検、補修設計、工事を行います。

田原本駅南地区市街地再開発補助事業

組合施工により実施する田原本駅南地区市街地再開発事業について、補助金を交付します。

交通安全対策事業

カーブミラーやガードレール、区画線などの新設や補修を行います。

生活安全対策推進事業

交通安全や防犯対策の啓発を行うとともに、児童の安全確保のため、ICTを活用して登下校の情報を保護者へ通知する児童見守りサービスを、田原本小学校1年生を対象にモデル事業として実施します。

賑わいと活力あふれるまちづくり

田原本町に賑わいと活力があふれるよう道の駅を広域観光の拠点とし、交流人口を拡大させると共に農業・商工業の活性化などにより雇用の創出と拡大を目指します。

令和2年度の主な取り組み

町観光協会補助金

現在の観光を取り巻く状況を鑑み、地域ブランディングを進めていくために観光協会組織の拡充を図ります。

農業基盤対策事業

農道、水路、井堰などの農業基盤施設の強化を行います。また、土地改良事業に係る補助金を自治会に交付します。

農業の振興

新規就農者への支援や、生産性の向上と効率化を目的とした農業機械の購入や設備整備への支援、特定農業振興ゾーンに指定された2地区での高収益作物の導入をはじめ、農業の振興を推進します。

住民とともに実現するまちづくり

田原本町で暮らす住民主体のまちづくりの支援と地域交流協働の推進と共に、行政情報の提供の充実を図ります。今後の社会経済情勢に対応しうるより一層の計画的な行財政運営を推進します。

令和2年度の主な取り組み

ふるさと応援寄附金の推進

本町への寄附の傾向を分析したうえで返礼品の拡充を進め、自主財源の確保及び本町のPRや地域事業者の販路拡大など、地域産業の活性化を図ります。

公共施設整備基金の設置

公共施設の老朽化に伴う建て替えや大規模な改修に備え、新たに基金を設置し、積み立てを行っていきます。

AIチャットボット(自動回答システム)の運用

スマートフォンなどのLINEアプリから入力された皆さんからの簡単な問い合わせに自動回答するAIチャットボットシステムを昨年10月に導入しており、引き続き運用を行います。

この記事に関するお問い合わせ先

担当課:秘書広報課秘書係
電話:0744-33-9037