町長メッセージ

2022年1月17日更新

田原本町長森章浩

~阪神・淡路大震災から27年~

6,434人が犠牲になった阪神・淡路大震災から、今日1月17日で27年となります。

大震災は、突然かつ一瞬にして多くの人々の命を奪います。被災者の皆様は想像を絶する大きな被害を受けながらも、共に助け合いながら、幾多の困難を乗り越えてこられました。震災に遭われた方々の心の傷は言語を絶するものであり、被災者の皆様のことを思うと、震災からどんなに時間が経過したとしても、この思いを風化させることなく教訓とし、確実に次世代に引き継いでいくことが私たちの使命であると、決意を新たにしています。

災害はいつ起こるか分からず、地震の発生等を未然に防ぐことはできませんが、被害を最小限に抑えるため、一人ひとりが災害時に命を守る最適な行動をとれるよう日頃から準備をし、防災意識を高めておくことはできます。

本町においても、忘れない、伝える、活かす、備えることにより防災力を更に高め、職員一丸となり田原本町の総合防災力の向上、防災行政の充実に努めることで、安全・安心なまちづくりに向けた取り組みを進めてまいります。

 

令和4年1月17日 森 章浩