町長メッセージ

2021年9月1日更新

田原本町長森章浩

9月1日は「防災の日」

「防災の日」は「広く国民が台風、高潮、津波、地震等の災害についての認識を深め、これに対処する心構えを準備する」こととして制定されたものです。

災害はいつ起こるか分からず、地震の発生や大雨による浸水を未然に防ぐことはできませんが、被害を最小限に抑えるため、一人ひとりが災害時に命を守る最適な行動をとれるよう、日頃から準備をし、防災意識を高めておくことが重要です。

また、災害時は、まず自分の命を守るため、次の5つの行動(自助)が必要です。

1.必要なものを備蓄する

2.非常時持ち出し品を準備する

3.災害リスクを確認する

4.避難場所を予め決めておく

5.情報収集媒体を活用する

これらの行動を日頃から意識していただくとともに、「防災の日」をきっかけに防災について改めて考え、家族や周りの人と災害時の行動について話し合い、いま、自分ができる災害への備えをしましょう。

一人ひとりの意識と対策が、命を守ることに繋がります。田原本町一丸となり、防災力を高めていきましょう。