町長メッセージ

2019年11月1日更新

町長

ニーズの多様化に応える住民サービスの推進

田原本町では平成29年度から5年間を期間とする「第5次田原本町行政改革大綱」を策定し、多様化する住民ニーズに応え効率的で質の高いサービスを提供できるよう、行政運営のスリム化と財源確保に取り組んでいます。大綱策定時から毎年、有識者など外部の人からご意見や助言をいただき、改革に向けた取り組みの進捗管理を行っています。

今後、人口減少に伴う税収の減少が見込まれる一方で、社会保障費や公共施設などの維持管理費の増加が予測されます。加えて、業務の高度化・多様化などの課題もあることから、行政改革では、業務手法の見直しとコストを意識した行政運営の取り組みとして、新しい情報通信技術(ICT)の活用と民間委託を推進し、職員が自ら対応すべき業務とITや民間でできる業務の棲み分けを実施しています。

10月1日に「総合窓口」を開設しました。総合窓口では、住民票の写し、戸籍謄抄本、印鑑登録証明書などに加え、税関係の証明書の一部も交付します。

同時に、マイナンバーカードで証明書(住民票の写し、印鑑登録証明書)の発行に対応可能なタブレットを導入。また庁舎内の案内をはじめ申請書類の書き方の手伝いをするコンシェルジュも配置しました。開始1ヵ月をむかえ、窓口での待ち時間も大幅に改善しているという報告を受けています。

もう一つは奈良県が進める「AIチャットボット」の実証実験で、本町も10月から開始しました。今までは、問い合わせていただいても担当者が他の業務に従事している場合に即答ができずご迷惑をおかけしていましたが、AIといった最先端の技術を取り入れLINEアプリを用い、24時間住民の皆さんの簡易な質問にお答えできるようになりました。

限られた財源の中で住民サービスを向上していくために、今後も民間活力、ICTの活用を積極的に取り入れ、行政運営のスリム化と財源確保、健全運営に取り組めるよう挑戦していきたいと考えております。

この記事に関するお問い合わせ先

担当課:秘書広報課秘書係
電話:0744-33-9037