平成29年度第2回田原本町営住宅入居申込案内

1.   募集住宅

募集住宅の一覧

団地名

建築年

構造

型式

面積

家賃

金沢

3

2-1

昭和53年

3階建

3DK

56.2平方メートル

A

15,000円

B

17,300円

C

19,800円

D

22,400円

E

25,600円

F

29,500円

金沢

3

3-1

昭和53年

3階建

3DK

56.2平方メートル

A

15,000円

B

17,300円

C

19,800円

D

22,400円

E

25,600円

F

29,500円

金沢

3

3-4

昭和53年

3階建

3DK

56.2平方メートル

A

15,000円

B

17,300円

C

19,800円

D

22,400円

E

25,600円

F

29,500円

金沢

7

1

昭和58年

2階建

4DK

73.8平方メートル

A

20,200円

B

23,300円

C

26,700円

D

30,100円

E

34,400円

F

39,700円

金沢

7

7

昭和58年

2階建

4DK

73.8平方メートル

A

20,200円

B

23,300円

C

26,700円

D

30,100円

E

34,400円

F

39,700円

金沢

7

10

昭和58年

2階建

4DK

73.8平方メートル

A

20,200円

B

23,300円

C

26,700円

D

30,100円

E

34,400円

F

39,700円

 

住宅の所在地

名称

所在地

田原本町営金沢住宅(昭和53年建築)

田原本町大字金澤41番1

田原本町営金沢住宅(昭和58年建築)

田原本町大字為川北方114番1

 

家賃は、収入区分に応じて下記の6段階となります。(計算方法は、2.申込資格注釈2)

収入区分

収入区分

基準月収額(円)

収入区分

基準月収額

A

0円~104,000円

D

139,001円~158,000円

B

104,001円~123,000円

E

158,001円~186,000円

C

123,001円~139,000円

F

186,001円~214,000円

 

2.   申込資格

次の1から6すべての条件を満たしていること。

1.   住宅に困窮している人

2.   田原本町に住民登録している人、または勤務先がある人

3.   税金を滞納していない人

4.   同居する家族がいる人(事実上の婚姻関係にある人、3カ月以内に入籍する婚約者を含む)。ただし、老人、身体障害者その他の特に居住の安定を図る必要がある者(注釈1)は除く。

5.   入居収入基準内であること(政令月収(注釈2)( 158,000円以下、裁量階層(注釈3)は214,000円以下)

6.   暴力団員ではないこと

 

注釈1 老人、身体障害者その他の特に居住の安定を図る必要がある者とは

(1)  60歳以上の者

(2)  身体障害1級から4級、精神障害1級から3級の障害者

(3)  生活保護の被保護者または中国残留邦人等の円滑な帰国の促進及び永住帰国後の自立の支援に関する法律に規定する支援給付を受けている者

(4)  配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律に規定する被害者で、一時保護または保護が終了した日から5年以内の者、または裁判所がした命令の申立てを行った者で当該命令がその効力を生じた日から5年以内の者

 

注釈2 政令月収とは

申込世帯全員の過去1年間の所得金額の合計から、次の控除を行った額を12で割ったもの

(1)  同居親族等控除 同居親族と扶養親族一人につき    38万円

(2)  老人控除対象配偶者控除・老人扶養控除 70歳以上の配偶者または扶養親族一人につき  10万円

(3)  特定扶養親族控除 16歳以上23歳未満の扶養親族一人につき         25万円

(4)  障害者控除・特別障害者控除 障害者一人につき27万円     特別障害者一人につき    40万円

(5)  寡婦控除・寡夫控除 入居者または同居者に寡婦または寡夫がある場合、一人につき    27万円

 

注釈3 裁量階層とは

(1)  身体障害1級から4級、精神障害1級または2級の障害者

(2)  戦傷病者特別援護法に規定する戦傷病者で障害の程度が恩給法別表第1号表2特別項症から第6号症までまたは別表第1号表3の第1款症である者

(3)  厚生労働大臣の認定を受けている原子爆弾被爆者

(4)  海外からの引揚者で引き揚げた日から5年以内の者

(5)  ハンセン病療養所入所者等

(6)  申込者が60歳以上であり、同居者全員が60歳以上または18歳未満の者

(7)  小学校就学前の子供がいる者

 

3.   申込方法

入居の申し込みは、平成30年2月1日から平成30年2月15日まで、土木管理課窓口で受け付けます。(午前9時~午後5時。土・日・祝日を除く。)

下記の書類を提出してください。

(1)  町営住宅入居申込書・誓約書

(2)  入居者及び同居者全員の住民票

(3)  入居者及び同居者全員の所得を証明する書類

課税証明書、非課税証明書、扶養証明書、生活保護受給証明書、源泉徴収票の写しなど。義務教育の者は除く。

<以下の書類は該当者のみ。>

(4)  戸籍謄本

母子、父子世帯など。配偶者がいないこと、不自然な世帯分離等の確認をするために必要になります。

(5)  各種控除に関する証明書

身体障害者手帳の写しなど。

(6)  婚約証明書

3カ月以内に入籍する婚約者がいる場合。

(7)  在職証明書

町外に住民登録があり、田原本町内に勤務先がある場合。

(8)  その他必要に応じて書類の提出を求めることがあります

 

4.   入居者の決定

入居者は、下記の住宅困窮度合いの高いものから決定します。

(1)  住宅以外の建物若しくは場所に居住し、又は保安上危険若しくは衛生上有害な状態にある住宅に居住している者

(2)  他の世帯と同居して著しく生活上の不便を受けている者又は住宅がないため親族と同居することができない者

(3)  住宅の規模、設備又は間取りと世帯構成との関係から衛生上又は風教上不適当な居住状態にある者

(4)  正当な事由による立退の要求を受け、適当な立退先がないため困窮している者(自己の責に帰すべき事由に基づく場合を除く。)

(5)  住宅がないために勤務場所から著しく遠隔の地に居住を余儀なくされている者又は収入に比して著しく過大な家賃の支払いを余儀なくされている者

(6)  前各号に該当する者のほか現に住宅に困窮していることが明らかな者

ただし、入居申込者が多数のときは、抽選により入居者を決定します。

(抽選予定日 平成30年2月19日午後2時田原本町役場1階102会議室)

5.   入居決定者への通知

入居決定者に、町営住宅入居決定書を送付します。

田原本町が指定した期日までに入居手続きが終了しないときは、入居決定を取消し次点の補欠者に入居決定を行います。

6.   注意事項

(1)  空家住宅のため、各設備、床、壁、柱、天井等に汚れや傷のある場合があります。あらかじめご了承ください。

(2)  防火・防犯活動、共用部分の清掃など、良好な環境のため自治会が重要な役割を果たしています。入居後は自治会活動に積極的にご協力いただきます。

(3)  申込は1世帯につき1件のみです。

この記事に関するお問い合わせ先
担当課:土木管理課維持管理係
電話:0744-34-2115
「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。