ボランティア募集

唐古・鍵考古学ミュージアム 展示ガイドボランティア募集

国の重要文化財あふれるミュージアムで、あなたも展示ガイドをしてみませんか。

◇募集期間 平成30年4月10日火曜日 ~ 5月2日水曜日

詳細は下記チラシを御覧ください。

皆様のご応募をお待ちしております。

 

応募用紙(PDF:66.3KB)

チラシ(PDF:106.7KB)

 

唐古・鍵遺跡史跡公園ボランティア募集

第3期生募集は締め切りました。

唐古・鍵遺跡史跡公園ボランティア講座のご案内
  実施日 内容 講師等
1 平成28年10月14日(金曜日) 開講式:唐古・鍵遺跡の考古学 唐古・鍵遺跡史跡公園 文化財保存課職員
総合政策課職員
2 平成28年11月25日(金曜日) 弥生時代の植生
里山の昆虫
金原 正明 氏(奈良教育大学教授)
中谷 康弘 氏(橿原市昆虫館館長補佐)
3 平成28年12月6日(火曜日) 他ボランティア活動の見学 奥村 典康 氏(飛鳥・平城宮跡歴史公園サポート共同体飛鳥管理センター長補佐兼事業推進課長)
「飛鳥里山クラブ」会員
4 平成29年1月27日(金曜日) 史跡公園の風景づくり 井原 縁 氏(奈良県立大学准教授)
奈良県立大学学生
5 平成29年2月24日(金曜日) 国中(くんなか)の風景と町歩き「町を知ろう」 文化財保存課職員

場所:田原本青垣生涯学習センター、唐古・鍵遺跡史跡公園(整備中)等

日時、場所、内容は、講師の都合により変更になる場合があります。

応募者が唐古・鍵遺跡史跡公園ボランティア講座を受けている写真
ボランティアが火おこしをレクチャーしている写真
ボランティアが弥生式土器を使用して炊き出しをしている写真

「唐古・鍵遺跡の保存と活用を支援する会」(愛称「唐古・鍵支援隊」)のご紹介

平成16年4月10日に「唐古・鍵遺跡の保存と活用を支援する会」(愛称「唐古・鍵支援隊」)が設立されました。小学校の総合学習や遺跡ガイドなど様々な活動を通じ、唐古・鍵考古学ミュージアムにご協力いただいています。

「唐古・鍵遺跡の保存と活用を支援する会」設立趣旨

唐古・鍵遺跡の保存と活用を通じて、地域社会に貢献することを目的とし、自発的な意志によって活動を行うために、自主運営の会として設立された。またこうした活動を通じて、唐古・鍵遺跡や弥生時代の歴史や文化に理解と愛着を深める。

主な活動内容

  1. 小学校総合学習など体験学習を主体にした啓発活動
  2. 会員自らが土器や石器づくりなどをおこなう、古代ものづくり体験活動
  3. 奈良県内外の弥生遺跡を探訪する、弥生ウォーク
  4. 唐古・鍵考古学ミュージアム館内ボランティアガイド、遺跡ガイドなどミュージアムへの支援活動
  5. 会報の発行
  6. 博物館見学などの親睦活動

代表者:今西 和代

会員:73名(平成28年3月31日現在)

詳細・ご連絡先は、唐古・鍵支援隊事務局 まで。(電話:090-9257-3688)

ガラスコップに絵画土器に書かれていた絵をデフォルメして彫り込んで行く絵画グラスアート体験の写真
ボランティアが唐古・鍵遺跡周辺の清掃活動を行っている写真
遺跡の前でのボランティアの方たちの記念写真
応募者が唐古・鍵遺跡史跡公園ボランティア講座を受けている写真
弥生時代の文化(土器焼き)を体験している写真
男性が土器づくりを体験している写真
「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。