企業版ふるさと納税を募集しています

企業版ふるさと納税とは

企業版ふるさと納税は、国が認定した地方公共団体の地方創生プロジェクトに対して企業が寄附を行った場合に、法人関係税から税額控除する仕組みです。
令和2年度より、地方創生のさらなる充実強化に向けて、制度が大幅に見直されました。これにより、最大で寄附額の約9割が軽減され、実質的な企業の負担が約1割まで圧縮されるなど、より使いやすい仕組みとなりました。

本町の取り組みにご賛同いただき、寄附をご検討いただける企業の皆様からのご連絡をお待ちしています。

内閣府「企業版ふるさと納税ポータルサイト」

制度の概要

税負担の軽減効果

損金算入による軽減効果(寄附額の約3割)に加え、法人住民税および法人税から約4割、法人事業税から約2割控除できるため、合わせて最大約9割の税軽減を受けることができます。

税の軽減効果

寄附にあたっての留意事項

  • 本社(地方税法における主たる事務所又は事業所)が田原本町内にある企業は、本税制の対象となりません。
  • 一回あたり10万円以上の寄附が対象となります。
  • 寄附を行うことの代償として経済的な利益を受け取ることは禁止されています。

※詳しくは内閣府「企業版ふるさと納税ポータルサイト」にてご確認ください。

企業にとってのメリット

寄附をいただいた企業のPR

感謝状の贈呈と、町HPへの掲載や寄附企業のリンク貼り付け等のPRを行います。

企業と田原本町との新たなパートナーシップの構築

企業版ふるさと納税を通じた連携により、企業と田原本町との間での新たなパートナーシップに繋がります。

社会貢献に取り組むことによる企業の価値向上

SDGs達成などの社会貢献ができるとともに、社会貢献に取り組む企業としてのPRや、企業価値の向上が期待できます。

持続可能な開発目標SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは

ロゴ

 

2015年9月の国連サミットで採択された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成されています。

田原本町はSDGsの達成に向けた取組を推進しています

寄附を募集している事業

たわらもと ヘルスケアプロジェクト

健康ポイント事業

本事業は、ICTを活用したヘルスケアプロジェクトです。
40歳以上の町民に参加して頂き、「活動量計」で歩数を測定し、歩数等により貯まったポイントを地域商品券に交換ができる健幸ポイント事業、及び「筋力トレーニング」を主とした運動プログラムを「ICT」を活用して行う、健幸運動教室の2本柱で実施しています。
町民の皆さんに健康になっていただくことで、健康寿命の延伸、医療費の適正化、介護費抑制を目指しています。

たわらもとヘルスケアプロジェクト

 

関連するゴール

関連するSDGsのゴール

田原本町学習支援事業

田原本町学習支援事業

田原本町学習支援教室は、町内在住の小学5.6年生と中学生を対象に、基礎学力や学習習慣を身に付け、子どもたちの学力の底上げを行うことを目的に実施しています。
小学生は1回1時間、中学生は1回2時間の授業を、週1回程度行っています。
どの様な環境の子どもたちにも学習の機会を提供できる様、参加費・教材費は無料となっています。

関連するSDGsのゴール

関連するSDGsのゴール

手続きの流れ

1.寄附の申し出

企業版ふるさと納税の申し込みや、お問い合わせは企画財政課までご連絡ください。

2.納付書の送付

寄附いただける場合は、町より納付書を送付させて頂きます。

3.寄附金の納付

町より送付の納付書でご入金ください。

4.受領書の送付

寄附金を受領したことを証明する「受領書」を送付させて頂きます。

5. 法人税等の申告

法人関係税の申告時に受領書をご利用ください。

手続きの流れ

これまでにいただいた寄附実績

寄附をいただいた企業様について、ご紹介させて頂きます。
(公表について了承いただいた企業様のみ)
ご支援ありがとうございました。

令和2年度

令和2年度寄附実績
企業名 寄附活用事業名 寄附額(円)
明日香運送株式会社 ヘルスケアプロジェクト事業(田原本町まち・ひと・しごと創生推進事業) 100万

 

令和元年度

令和元年度寄附実績
企業名 寄附活用事業名 寄附額(円)
株式会社天平庵 流鏑馬再現事業(地域の歴史文化資源を活用したインバウンド推進事業) 260万
株式会社ジェイテクト
非公表
非公表

新生児聴覚スクリーニング検査用助成事業
不育治療助成事業
(すこやかにこどもを育てやすい町へプロジェクト)

10万

 

この記事に関するお問い合わせ先

担当課:企画財政課政策企画係
電話:0744-34-2083