タワラモトンタクシー

タワラモトン

田原本町では、日常生活の移動に制約のある方を対象に、通常タクシー初乗り料金を助成するタクシー利用券を、申請により交付しています。田原本町に住所を有する方で、要件に該当する方は、申請を行っていただくことにより、登録証と利用券をお渡しします。

新型コロナウイルス感染症拡大予防について

・窓口での接触の減少を図るため、郵送での申請をお願いします。

郵送での申請方法はこちら

 

・買い物支援など(救援事業)にも利用券が使えます。(令和3年3月31日まで)

救援事業についてはこちら

申請方法

令和3年度分のタクシー利用券の申請について

令和3年度の交付は、申請窓口での接触の減少を図るため、以下の交付申請方法により実施します。

A: 令和2年度利用券を2月末までに使ったことがある人

令和3年度の対象者のうち、令和2年度の利用券を令和3年2月末までに使ったことがある人には、3月19日頃から順次、利用券を特定記録郵便(ポスト投函)で送付します。

ただし、本制度の対象要件の内、「自主的な移動が困難であることを証する書面を有する人」へは送付をしませんので、郵送などによる申請等をお願いします。

B: Aに該当しない人

窓口での接触の減少を図るため、できるだけ郵送による申請をお願いします。

郵送申請

受付開始
3月19日(金曜日)から

 

郵送での申請方法はこちら

手続きでき次第、利用券を特定記録郵便(ポスト投函)で返送します。

なお、利用券の返送料は、令和3年度分に限り町で負担します。

窓口申請

受付開始
3月29日(月曜日)から

受付場所・時間
3月29日~4月30日 田原本町役場1階アトリウム内
午前9時~午後4時


5月6日~ 田原本町役場2階企画財政課
午前8時30分~午後5時

令和2年度分の利用券申請について

3月26日までは町役場2階企画財政課で受付、3月29日から3月31日までは町役場1階アトリウム内で受付します。

手続きに必要なもの

郵送申請の場合

  • 所定の申請書類
  • 本人確認書類の写し
  • 要件確認書類の写し、医師の証明書(該当する場合のみ)

郵送での申請方法はこちら

本人が申請に来る場合

  • 本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証、保険証など)
  • 対象となる要件に該当することが確認できる手帳や書類等

本人以外が申請に来る場合

※同居の親族が申請に来られる場合でも委任状は必要です。

  • 委任状(任意の様式可)(※)
  • 来庁者と本人双方の本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証、保険証など)
  • 対象となる要件に該当することが確認できる手帳や書類等

(※)就学前の児童など未成年者は、原則保護者による申請のため不要

申請書等ダウンロード

助成内容

町内指定事業者のタクシーで、町内での利用又は出発・到着のどちらかが町内となる便の初乗り料金分を補助

対象者と発行枚数(一年度あたり)

※利用は本人に限ります。(本人以外の同乗は可)

対象者(下記のうちいずれか1つ選択) 発行枚数
70歳以上の人 24枚
身体障害者手帳1級又は2級を有する人 12枚
療育手帳A1又はA2を有する人 12枚
自主的な移動が困難であることを証する書面を有する人(※) 12枚
出産予定があり母子健康手帳の交付を受けた人 24枚
就学前の児童 24枚

(※)障害・疾病などにより移動が困難(2ヵ月以上にわたり継続することが見込まれるもの)であることの医師の証明書を提出してください 証明書の取得費用は本人負担になります。
田原本町医師会の会員である医師・医療機関で所定様式による証明書の発行料金は、町との業務提携協力により1000円(税別)となります。

利用券を使えるタクシー事業者

利用券を使えるタクシー事業者
タクシー会社(50音順) 電話番号
グリーン交通 0744-32-9000
田原本タクシー 0120-32-6782
西村タクシー 0744-32-2143
冨士タクシー 0120-32-6782

注意:田原本タクシーと冨士タクシーは同じ電話番号です。予約時において、タクシー会社を選択できます。 

タワラモトンタクシーステッカー

「タワラモトンタクシー」のステッカーが貼ってある車両が目印です。

 

利用可能日時

月曜日~土曜日の午前8時~午後6時 (日曜日、祝日、12月29日~1月3日を除く)

※ただし、妊婦の方については日時に関する制限はありません。(詳しくはこちら)

利用方法

通常タクシーと同様に配車・乗車
その際、「タワラモトンタクシー利用券」を使いますと伝える

料金支払時、利用登録証と利用券の冊子(切り離さない)を乗務員に提示

利用券1枚を乗務員が切り離し、残りの利用券の冊子と利用登録証を受け取る

タクシー運賃から基本料金を差し引いた金額を乗務員に支払う

※「利用券」は1回の乗車につき1枚のみ利用できます。

利用期間等について

令和3年度分の利用券の有効期限は令和4年3月31日です。

令和2年度分の利用券の有効期限は令和3年3月31日です。

同じ年度の4月1日から3月31日が利用有効期限となり、次年度には繰り越せません。

その他注意事項

  • 利用できるのは本人に限ります。(本人以外の同乗は可能)
  • 利用券を他人に貸与・売買・譲渡することはできません。
  • 利用券の再発行はいたしませんので、紛失にご注意ください。
  • 町外へ転出した場合や死亡された場合等は、利用登録証及び利用券を企画財政課へ返却してください。また、要件に該当しなくなった等、上記以外の事由により対象者でなくなった場合は利用券のみを企画財政課へ返却してください。
  • 不正な行為により利用券の交付を受け、又は使用した場合は、利用券の返還および既に使用した利用券がある場合には、その助成額について返還していただきます。また、以後利用券の申請をすることはできません。
  • 新年度分を申請される場合、既に登録している人はお持ちの登録証を引き続き利用しますので廃棄等せずにお持ちください。
この記事に関するお問い合わせ先

担当課:企画財政課政策企画係
電話:0744-34-2083