生ごみの分別収集・堆肥化を、モデル地区、学校と協力して実施中!

  田原本町では令和4年3月からモデル地区のモニター住民や学校給食から出る食品残渣を資源として収集し、堆肥にする取組をおこなっています。

  これらは、これまで燃えるごみとして処理されていましたが、食品資源として再利用することで燃えるごみを減量し、資源を循環させることができます。

  食品資源を堆肥化し、できた堆肥と花を協力いただいた住民や学校に配布し、育てていただくことで地域、学校が花でいっぱいになることを目標としています。

収集量 ※令和4年3月から実施

 

収集量

令和3年度

 2,685.5kg

令和4年度

38,849.5kg

令和5年度

(1月末現在)

35,913.7kg

 

モデル地区自治会

黒田

宮古

西八尾

富本

西新町

保津

中八尾

八尾池之内

※現在は、上記地区内のみでの参加者の増加を図っています。

※上記地区内でのモニター参加者を随時募集しています。お申し込みはお住いの地区の自治会長または、環境未来推進課窓口へ

この記事に関するお問い合わせ先

担当課:環境未来推進課ゼロカーボンシティ推進係
電話:0744-33-1660