環境・リサイクル活動ブログ

SDGsコーナーご存じですか?

田原本町では「田原本町ゼロカーボンシティ宣言」を行い、2050年までに二酸化炭素排出量実質ゼロを目指しています。とても難しいことのように思えますが、必要なのは特別なことではなく、日々の生活の中でできることの積み重ねです。

とくに、日常生活の中で、必ず発生する「ごみ」の焼却処分は、二酸化炭素などの温室効果ガス増加に直結するため「ごみを減らすこと」は避けられない課題です。

役場本庁舎1階では、SDGsコーナーを設置し、リサイクルするために下記のものを回収しています。無理なくできる取り組みが、ごみを減らす最も大事なことです。ぜひご協力お願いします。

 

【収集している資源】

歯ブラシ・インクカートリッジ・使い捨てコンタクトレンズ空ケース・使い捨てカイロ・小型家電・食用油・ペットボトルキャップ・テプラ・ボールペン

令和6年7月16日 電動生ごみ処理機使ってみました

生ごみの処理 お困りではありませんか。

・生ごみの臭いが気になる

・虫がわいて気持ち悪い

・ごみ袋が重くて運ぶのが大変

・水気を切ってても水がしみ出てくる

 

そんな方へ電動生ごみ処理機をオススメします!

・乾燥させるので嫌な臭いが発生しない

・虫が発生しない

・ごみが軽い

・水がしみ出てこない

田原本町では、電動生ごみ処理機器購入助成および貸出事業を実施しています。

ぜひ、生ごみの減量化にご協力ください。

 

●家庭用生ごみ処理機器購入助成制度について

https://www.town.tawaramoto.nara.jp/kurashi/seikatsu/recycle/recycle/4630.html

 

●家庭用電動生ごみ処理機を貸出事業について

https://www.town.tawaramoto.nara.jp/kurashi/seikatsu/recycle/recycle/14713.html

 

…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…

 

職員が実際に貸出用の電動生ごみ処理機器を使ってみました。

生ごみを入れてスイッチを押すだけ!乾燥してパリパリに!

154gの生ごみがなんと28gに。82%減となりました。

嫌な臭いもなく、ごみが減り、ごみ出しも楽になりました。

 

…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…

 

また、モニター地区(保津、八尾池之内、新町、中八尾、十六面、富本、西新町、西八尾、黒田、宮古)では、各家庭から出た生ごみを収集し堆肥に変える食品資源循環事業のモニターも募集しています。

ご協力いただいた方から「ごみの量が半分になった」「生ごみの臭いが気にならなくなった」などのお声をいただいています。

 

●食品資源循環事業について

https://www.town.tawaramoto.nara.jp/kurashi/seikatsu/recycle/recycle/14956.html

 

ご興味ある方は、下記までお問い合わせください。

 

田原本町 環境管理課 ゼロカーボンシティ推進係

0744-33-5003

令和6年7月3日 北小学校 環境出前講座

町職員が北小学校に出向き、4年生を対象にごみの減量化・リサイクル化の出前講座を行いました。

授業で、ごみ処理について学習済みだったそうで、教室の後ろには各自で作った「ごみ新聞」が掲示されていました。クイズコーナーがあったり、ごみ処理について詳しく説明していたり、楽しく拝見させていただきました。学習の成果もあり、講義中もパッカー車へのごみの投げ込み体験中も手を挙げてたくさん質問してくれました。

 

町内の全小学校で実施しましたが、どの学校でもスライドでの講義では一生懸命メモをする姿、パッカー車へのごみの投げ込み体験では、お互いに拍手を送りあう姿が印象的でした。

また、当日は、啓発物品として町公式キャラクタータワラモトンをプリントしたエコバックを配布しました。買い物以外でも遊びや習い事に行くときなど色んな場面で使ってください。

令和6年6月26日 南小学校 環境出前講座

町職員が南小学校に出向き、4年生を対象にごみの減量化・リサイクル化の出前講座を行いました。

職員による講義やティッシュの空箱の分別クイズ、パッカー車へのごみの投げ込み体験を実施しました。ティッシュの空箱の分別クイズでは、グループに分かれて仲良く相談しながら分別について考えてもらいました。また、パッカー車の中がどのようになっているのかを確認する際には、大きな音を立てて開閉する様子に驚きの声があがっていました。

田原本町 環境管理課 0744-33-5003

令和6年6月19日 平野小学校 環境出前講座

町職員が平野小学校に出向き、4年生を対象にごみの減量化・リサイクル化の出前講座を行いました。

1限目は町職員によるクイズを取り入れたスライドでの講義とやまとクリーンパークのDVD視聴、2限目はパッカー車へのごみの投げ込み体験を行いました。1限目のクイズコーナーでは、みなさん元気よく手を挙げて参加してくれました。また、パッカー車へのごみの投げ込み体験では「このスイッチは何ですか」など色々な質問が飛び交い有意義な時間となりました。

令和6年6月12日 おもちゃ病院

6月12日(水曜日)田原本町おもちゃ病院を開院しました。

毎月第2水曜日に開院しており、当日はおもちゃドクター達とおもちゃをもってきてくれた方でにぎわっていました。

壊れたおもちゃたちはドクターの手によって命を吹き返し、大切な家族の元に戻っていきました。

 

今月からは、田原本町社会福祉協議会で実施しています。

そのうち3回に1回は、田原本町ふれあいセンターでの実施となります。

 

こどもたちの思い出がいっぱい詰まったおもちゃ。

捨ててしまう前に、修理の得意なおもちゃドクター達に相談してみませんか?

次回は7月10日(水曜日)社会福祉協議会での開催です。

ぜひお気軽にご利用ください(^^)

お待ちしております!

*****************************************

壊れて動かなくなったおもちゃ(電源コードを使用しないもの)をお持ちいただければ、

日本おもちゃ病院協会認定のおもちゃドクターたちが、直してお返しします。

・無料で修理(材料費は有料)

・予約不要

・当日修理可能分は当日返却

病状により「入院」、次回開院日に返却

病状によっては修理不可能な場合も有り(ごめんなさい)。

・田原本町民優先

・壊れて不要になったおもちゃも受付中(部品を利用など)

 

*****************************************

令和6年6月12日 田原本小学校 環境出前講座

町職員が田原本小学校に出向き、4年生を対象にごみの減量化・リサイクル化の出前講座を行いました。

大変天気が良く、ごみの投げ込み体験では、みなさん汗を流しながら重たいごみを持ち上げパッカー車の中へ投げ入れていました。うまく投げ入れられた際は、お互いに拍手を送りあって盛り上がりました。

また、事前アンケートでは「パッカー車の中にどれくらいの量が入りますか」「燃えないごみはどのように運ぶのですか」など30個を超える質問をいただき、その積極的な姿勢が印象的でした。

令和6年6月8日 浄化センターでの小型家電製品の無料収集

浄化センターにおいて、ご家庭で不要となった小型家電製品(プリンターや電子レンジ、扇風機等)の無料収集を行いました。

小型家電は、鉄、アルミ、金、銀、銅やレアメタルなど、有用金属が多く含まれるため、「小型家電リサイクル法」に基づき、リサイクルし、有効に活用しなくてはなりません。

皆様からは、たくさんの小型家電をお持ちいただきました。

田原本町はこれからも地球環境にやさしい取組を進めてまいります。

ご協力をお願いいたします。

 

次回は11月に実施予定です。

ご家庭で不要となった小型家電があれば、燃えないゴミとして捨てるのではなく、

ぜひ、この無料収集をご利用ください。

【完全予約制】となっておりますので、ご注意ください。

時期が近づきましたら、広報紙や町HPでお知らせいたします!

 

また町内7つの施設に、小型家電収集BOXも設置しております。

(20cm×35cm×40cm以内のものに限る)

施設が開いている時間であればいつでも回収できますので、ぜひご利用ください。

 

令和6年6月5日 東小学校 環境出前講座

田原本町では、脱炭素社会を目指し様々な取組を進めています。

その取り組みの一つとして、東小学校の4年生を対象としたごみの減量化・リサイクル化の出前講座を開催しました。

町職員が小学校に出向き、クイズを取り入れた講義やパッカー車へのごみの投げ込み体験を行い、各家庭から出たごみがどのように処理されるのか、なぜリサイクルが必要なのかといった出前講座を行いました。

ごみの投げ込み体験では、二人一組で重たいごみを持ち上げ、息を合わせてパッカー車へごみを投げ入れていました。みなさん、間近でみるパッカー車に興味津々のようでした-。パッカー車投げ込み体験東講義1

この記事に関するお問い合わせ先

担当課:環境管理課ゼロカーボンシティ推進係
電話:0744-33-5003